NonSoft

指令メール実行


 ダウンロード

メールで遠隔操作(受信メールを監視しメールタイトルのキーワードに対応したファイルを実行)

ダウンロード  画面イメージ  使用方法  ライセンスキー 
Vector様の新着ソフトレビューで紹介されました(電子メールを利用して、パソコンを操作...) 
====================================================================
【タイトル     】指令メール実行
【Version      】1.26
【ファイル     】MissionMailExec.zip or MissionMailExec_fr.zip
【圧縮ファイルの中身】MissionMailExec.exe、Bsmtp.dll、ReadMe.txt
【動作確認     】Windows7/XP/2000
【必要ソフト    】VB6ランタイム(既にインストール済の可能性大)
【ソフト種別    】シェアウェア(10日間の評価期間有り)
【使用ライセンス料 】1,882円(税込み価格:本体1792円+消費税90円)
【シェアレジ作品番号】SR072140
【作者/著作権者  】のん
【作者への連絡先  】http://nonsoft.la.coocan.jp/
【最近の主な変更(1) 】SMTP認証方式拡張(POP before SMTP,SMTP AUTH)
【最近の主な変更(2) 】履歴(ログファイル)表示機能追加
【最近の主な変更(3) 】APOP認証方式追加
【最近の主な変更(4) 】セキュリティ強化(キーワード文字数変更)
【最近の主な変更(5) 】メールタイトルの区切り文字を任意指定する機能
【最近の主な変更(6) 】shutdown.exeを実行する場合のみフリーソフト化
====================================================================
1.はじめに
  指令メール実行をご使用頂きまして誠にありがとうございます。
  本プログラムは、受信メールを監視し、メールタイトルの「本プログラ
  ム用の識別子(MME)」、「実行ファイルを特定するキーワード」を
  元にキーワードに対応した「指定ファイル(コマンドやEXEやBAT
  等)」を実行します。
  (本プログラムを起動しているPCでping 192.168.0.1を実行する例)
  本プログラムの設定:キーワード="ABC"、実行するファイル名="ping"
  送信するメールに設定するタイトル:"MME:ABC:192.168.0.1"

  電子メールがご使用頂ける環境であればどこからでも(携帯電話からで
  も)、離れた場所にあるパソコンのバッチプログラムを実行する事が出
  来ます。環境設定は一般的なメーラーと同様ですので特別な知識を必要
  としません。また、本プログラムはシステムへのインストール操作を必
  要としませんので、簡単に安心してお試し頂けます。
  用途の例としては、携帯電話から遠隔PCのテレビ録画プログラムを実
  行、遠隔PCのシャットダウンや再起動、他にも色々あると思いますの
  で、ご使用者のアイディアで自由にご使用頂ければと思います。

  (注意)
  本プログラムで実行するファイル(EXE、BAT等)は、ご利用者が
  用意する必要があります。本プログラムは指定のファイル実行を行うの
  みで、実行したファイルの実行結果は監視しませんので、実行結果(出
  力ファイル等)は別のツール(ファイル監視人等)で取得してしてくだ
  さい。

  ※※※ フリーソフト機能 ※※※
  shutdown.exeを実行する場合のみフリーソフトとしてご使用頂けます。
  遠隔PCのシャットダウンや再起動を行なう場合は、無償でご使用頂け
  ますのでお試しください。Windows2000にはshutdown.exe が標準インス
  トールされていませんので、WindowsXP からコピーする等の準備が必要
  です。本ツールのデフォルト設定ではPCが再起動するようになってい
  ます。

2.インストール方法/アンインストール方法
  本プログラムはインストール操作が必要ありません。
  MissionMailExec.zipを解凍後、MissionMailExec.exeを実行するだけで
  ご使用頂けます。アンインストール操作も必要ありませんので、本プロ
  グラム一式を削除して頂くだけで完了です。
  (注意1)
  VB6ランタイムがインストールされていない場合はシステムエラーが
  表示されたり文字化けしたりする事があります。その際はベクターから
  VB6ランタイムをダウンロードしてインストールしてください。
  VB6ランタイムを必要とするソフトが多いため、既にインストール済
  みの可能性が高いです。

3.ご使用方法
  本プログラムはシンプルな仕様ですので画面を見て直感的にご使用頂け
  ると思います。主な操作の流れは以下のようになります。
  (1)MissionMailExec.exe を実行しますと、実行するファイルについ
     ての情報を設定する画面が表示されます。
  (2)共通設定でPOPメールサーバ、SMTPメールサーバやユーザ
     ID、パスワード、メールアドレス、メールを監視する時間間隔
     (何秒に1回チェックするか)等を設定します。POPメールサ
     ーバ、ユーザID、パスワードは受信メールを監視するためのも
     ので、SMTPメールサーバとメールアドレスは、受信したメー
     ルの送信者に指定のファイルを実行した事をお知らせする返信メ
     ールのために使用します。
     また、パスワードは暗号化して保存しますのでご安心ください。
     メール送信認証方式は通常、POPbeforeSMTP で良いと思います。
     認証方式でエラーが発生する場合は、メールサーバーの仕様を確
     認する必要があります。
     (注意1)
     SMTPメールサーバーのポート番号はデフォルトで25になって
     います。 587等に変更する場合はサーバ名の後ろに":587"を追加
     してください。(例)smtp.xxxx.co.jp:587
     587のポート番号を使用する際はメール送信認証方式として、POP
     beforeSMTP以外を使用する事が多いようです。
     (注意2)
     POPメールサーバーのポート番号はデフォルトで110になって
     います。 123等に変更する場合はサーバ名の後ろに":123"を追加
     してください。(例)pop.xxxx.co.jp:123
     通常の場合は、POPポート番号を指定する必要はありません。
     (注意3)
     SSL(セキュア)メールサーバーには対応していません。
  (3)次に実行されるファイル名とメールタイトルに指定するキーワー
     ドを設定します。ファイル名とキーワードは1対1の関係で複数
     登録出来ます。
  (4)その状態で準備は完了です。その時点からメールの監視は開始さ
     れます。(監視中チェックを外すと監視を中断します。)
     受信したメールのタイトルが本プログラム用であれば、指定され
     たファイルを実行し、そのメールをメールボックスから削除しま
     す。本プログラムに関係の無いメールは、削除しませんがメール
     受信が複数マシンで同時に行われるなど、メールを奪い合う事が
     考えられますので、念のため、専用のメールアカウントを使用す
     る事をお勧めします。
  (5)MissionMailExec.exe をパソコンの[スケジュールされたタスク]
     に登録する事でシステム立ち上げ時や希望の時刻に自動的に起動
     する事が出来ます。その際はMissionMailExec.exeの引数にbを指
     定してください。(例)C:\...\MissionMailExec.exe b
     引数にb を指定して起動しますと画面の表示は行なわれませんの
     で事前の設定(2)〜(3)を行って置く必要があります。
     MissionMailExec.exeの引数にiを指定すると起動直後にアイコン
     化されます。
  (6)本プログラムは、MissionMailExec.exe が置かれたフォルダ毎に
     独立した設定で実行出来ますので、MissionMailExec.exe を別の
     フォルダにコピーし監視するメールサーバーを変えて複数起動す
     る事が出来ます。
     (注意)
     Bsmtp.dll と ReadMe.txt と MissionMailExec.exeは同じフォル
     ダに置いてください。

5.著作権・ライセンス
  「Bsmtp.dll」の著作権はBASP21作者の「馬場様」が所有しています。
  「MissionMailExec.exe」の著作権は作者「のん」が所有しています。

  本プログラム一式(MissionMailExec.zip 内の全てのファイル)を転載
  する場合は著作権所有者の許可が必要となります。このプログラムはsh
  utdown.exeを実行する場合のみフリーソフトとしてご使用頂けます。そ
  の他ファイルを実行する場合はシェアウェアとなります。このプログラ
  ムの初回起動後10日間はシェアウェアの評価期間としてお試し頂けま
  す。10日の評価期間を超えてご使用になる際は正規の使用ライセンス
  が必要となります。商用利用についての制限はありませんが、本プログ
  ラムを起動するパソコン一台につき1ライセンスが必要になります。
  ****************************************************************
  * このプログラムの正規ライセンスをご希望の方は、Vectorの *
  * ダウンロードサイトでシェアレジのお手続をお願いし ます。      *
  * (注意:シェアレジのお手続前に十分な評価をお願いします。)   *
  * (1)Vectorダウンロードサイト:http://www.vector.co.jp/   *
  * (2)Vectorシェアレジ作品番号:SR072140                   *
  * ライセンスキーを取得されましたら、本プログラムのメイン画面右 *
  * 上に有りますライセンス設定をクリックし、ライセンスキーの入力 *
  * をしてください。                                             *
  ****************************************************************

6.免責事項
  本プログラムが原因による損害・問題に対し一切の責任を負いません。
  ご利用者の責任の範囲内でお使いください。

7.作者への問合せについて
  作者への問合せはメールのみとさせて頂きます。問合せ内容によっては
  回答出来ない場合もございますので予めご了承願います。また、作者不
  在時または問い合わせ数が多い場合など、回答に日数がかかる場合がご
  ざいますので予めご了承願います。

<画面イメージ>
指令メール実行
<指令メール実行についての補足>
(1)ソフトの概要
   電子メールを利用してパソコンを操作(プログラムを実行)できるユーティリティ
   電子メールを使い、離れた場所のパソコンで指定のプログラムを実行させられるソフト。
   簡単な設定ですぐに使える・・・

(2)ソフトを開発しようと思った動機、背景
   携帯メールを打つのが得意なのに「携帯以外の機器の操作は苦手」と聞くことがあります。
   「いろいろ機器の操作が携帯のようにできれば効率がよいのでは?」と考えたのが開発のきっかけです。
   「指令メール実行」のようなツールがあれば、皆が同じ苦労をすることなく、ユーザインタフェースを
   携帯メールにすることが容易になると思います。

(3)ユーザにお勧めする使い方
   離れた場所にあるパソコンを遠隔操作するメリットがあれば「指令メール実行」が役に立つかもしれません。
   すでに完成していて運用中の機器やプログラムに遠隔操作の機能を追加する際に「指令メール実行」を
   評価いただければと思います。携帯のメールよってパソコンをシャットダウン/再起動すると言う使い方も
   お勧めの一つです・・・

(4)今後のバージョンアップ予定
   バージョンアップは改善点やよい機能が見つかり次第、随時検討したいと思います。

(5)その他
   「メール受信時にプログラムを起動するサンプル(VB6)」の技術を応用しています。