NonSoft

サイト内URLチェック


 ダウンロード

サイト内の全てのURLのリンク切れチェック(結果CSV保存)、WEBページ保存、サイトマップ作成

ダウンロード  画面イメージ  マニュアル  使用例  ライセンスキー 

※ SEO関係のその他のツール、サンプルソースはこちらです。
ページランク/検索順位/インデックス/サイトマップ
====================================================================================================
【タイトル     】サイト内URLチェック
【Version      】1.3.1.5
【ファイル     】SiteUrlCheck.zip
【圧縮ファイルの中身】SiteUrlCheck.exe、ReadMe.txt、Manual.html
【動作確認     】Windows8/Windows7/XP/2000
【必要ソフト    】Microsoft .NET Framework Version 2.0(既にインストール済の可能性大)
【ソフト種別    】シェアウェア(評価期間10日間)
【シェアウェア価格 】4,000円(本体価格<税抜き価格です>)
【シェアレジ作品番号】SR179841
【作者/著作権者  】のん
【作者への連絡先  】http://nonsoft.la.coocan.jp/
【最近の主な変更(1) 】スタイルシート(CSS)からのイメージURL取得
【最近の主な変更(2) 】WEBページ保存時に外部イメージを保存(ローカル相対PATHに変更)
【最近の主な変更(3) 】認証プロキシ対応
====================================================================================================
1.はじめに
  本プログラムをダウンロード頂きまして誠にありがとうございます。
  本プログラムはサイト内(ホームページ内)の全てのURL を取得しリンク切れ等をチェックするツールです。
  サイトの指定にはインターネットのURL(例:http://xxx/xxx/index.html)とローカルディスクのURL(例:c:
  \xxx\xxx\index.html)を指定する事が出来ます。リンク切れチェックと同時に取得したWEBページ をローカ
  ルディスク保存する事が可能です。また、sitemap.html、sitemap.xml、ror.xmlの作成が出来ます。

  (注意)
  (1)未サポートのHTMLタグ(SCRIPT等)がありますのでご利用の環境での十分な評価をお願いします。
  (2)過去のバージョンではSEO(検索エンジン最適化)として、ページランク表示、検索エンジン(Google、
     Yahoo、MSN) のインデックス状況表示、検索順位表示機能がありましたが、Ver1.2.0.0でツールバーの
     [SEOツール]ボタンを無効にしています。

2.インストール方法/アンインストール方法
  本プログラムはインストール操作が必要ありません。本プログラム一式(ZIPファイル)を解凍後、SiteUrlCh
  eck.exe を実行するだけでするだけでご使用頂けます。アンインストール操作も必要ありませんので、本プ
  ログラム一式を削除して頂くだけで完了です。

  (注意)
  Microsoft .NET Framework Version 2.0以上がインストールされている必要があります。(既にインストー
  ル済の可能性大)インストールされていない場合は(Microsoft .NET Framework Version2.0 ダウンロード)
  でネット検索してインストールしてください。

3.ご使用方法
 3.1.サイト内URLチェック
 (1)URL取得方法
   「URL」を入力し「URL取得」ボタンをクリックすると以下のメニューが表示されます。
   ・新 規 (URL取得)
    (説明)指定したサイト内のURLを新規取得します。
   ・再取得 (中止/エラーURLの再取得)
    現在表示中のURL中で前回取得出来なかったURLを再取得します。
   ・新 規 + 保存 (URL取得 + WEBページ保存)
    指定したサイト内のURLを新規取得します。その際にWEBページをローカルディスクに保存します。
   ・再取得 + 保存 (中止/エラーURLの再取得 + WEBページ保存)
    現在表示中のURL中で前回取得出来なかったURLを再取得します。その際にWEBページ をローカルディス
    クに保存します。
    ※リンクが正常の場合はStatusに(○)、リンク切れの場合は(×)を表示します。
 (2)中止方法
   URL取得やSEOツールには時間が掛かる事があります。途中で中止したい場合は「中止」ボタンをク
   リックします。
 (3)ファイル操作機能
   「ファイル」ボタンをクリックすると以下のメニューが表示されます。
   ・ファイル読込 表示リスト
    保存済みの表示リストを読み込みます。
   ・ファイル保存 表示リスト
    表示中のリストをファイル保存します。
   ・ファイル作成 sitemap.html
    sitemap.html形式 のファイルを保存します。サイトマップWEBページとして使用出来ます。
   ・ファイル作成 sitemap.xml
    sitemap.xml形式 のファイルを保存します。検索エンジンへのサイトマップ報告に使用出来ます。
   ・ファイル作成 ror.xml
    ror.xml形式 のファイルを保存します。検索エンジンへのサイトマップ報告に使用出来ます。
 (4)SEOツール(Ver1.2.0.0からは無効にしました)
   「SEOツール」ボタンをクリックすると以下のメニューが表示されます。
   ・ページランク取得 Google
    検索エンジン(Google)のページランクを取得します。
    ※ページランクされていないURLはハイフン(-)を表示します。
    ※検索エンジンよりエラーが返った場合は以降全てアスタリスク(*)を表示します。
   ・インデックス取得 Google
    検索エンジン(Google)のインデックス状況を取得します。
    ※インデックス状況を取得出来た場合は(○)、取得出来ない場合は(×)を表示します。
   ・インデックス取得 Yahoo
    検索エンジン(Yahoo)のインデックス状況を取得します。
    ※インデックス状況を取得出来た場合は(○)、取得出来ない場合は(×)を表示します。
   ・インデックス取得 MSN
    検索エンジン(MSN)のインデックス状況を取得します。
    ※インデックス状況を取得出来た場合は(○)、取得出来ない場合は(×)を表示します。
   ・検索順位取得 G,Y,M
    指定したキーワードの検索順位を取得する画面(検索順位取得)を表示します。
 (5)環境設定項目
   「環境設定」ボタンをクリックすると「環境設定」画面が表示されます。
   ・URL解析するContent-Type(画面イメージ)
    ファイル内部のURL を検索する際のタグ名と属性名を設定する画面です。ここで設定されているタグ名
    と属性のみURL解析処理 を行います。
   ・URL解析するContent-Type(画面イメージ)
    ファイル内部のURLを検索するContent-Type の一部を設定する画面です。ここで設定されているConten
    t-Type のみ内部URL解析処理を行います。
   ・内部リンク用Content-Type(画面イメージ)
    内部リンクとして分類するURLのContent-Type の一部を設定する画面です。ここで設定されているCont
    ent-TypeはSiteMap生成、Index検索が可能です。
   ・CGI判定方法(画面イメージ)
    CGI を判定するためのファイル拡張子等を設定する画面です。この設定はURL解析、SiteMap生成、イン
    デックス検索時の対象ファイル決定に使用されます。
   ・対象外File/Folder((画面イメージ)
    URL取得処理 対象外のファイルやフォルダを指定する画面です。ここで設定されているファイルやフォ
    ルダのURL取得はしません。
   ・その他の設定((画面イメージ)
    <プロキシサーバー>
     プロキシサーバーを使用する場合はプロキシサーバー名(IP)とポート番号を指定します。
    <URL解析する階層数>
     指定したトップページのURL を階層番号1とし、そこにリンクされているURL を階層番号2と数えた
     場合の階層数を指定します。
    <URLを省略した時のファイル名>
     WEBサーバーのデフォルトインデックスを指定します。
     (例)index.html,index.htm,default.htm等
    <URL取得処理間隔(秒)>
     1回のURL取得を行なった後のスリープ時間(CPUを解放する時間)を指定します。大きな値を指定する
     と通常作業のバックグラウンドで密かにURL取得処理を行なう事が出来ます。
    <URL取得同時処理数>
     1回のURL取得で同時に処理するURL数を指定します。
     「URL取得処理間隔(秒)」と合わせて処理速度に影響します。
    <WEB受信タイムアウト時間(秒)>
     WEBページ受信時 のタイムアウト時間を指定します。小さい値を指定すると「タイムアウトエラー」
     が多く発生します。大きな値を指定すると処理速度が遅くなります。
    <検索エンジン情報受信間隔(秒)>
     1回の検索エンジン情報取得を行なった後のスリープ時間(CPUを解放する秒数:1以上)を指定し
     ます。
     (注意)検索エンジンへの負荷を考慮し出来るだけ大きな値を設定してください。
    <検索エンジンからの情報受信時に確認メッセージを表示するかどうか>
     1回の検索エンジン情報取得を行なった後に次の情報を取得するかどうかを確認するメッセージを表
     示するかどうかを指定します。
 (6)ポップアップメニュー
    URL一覧表示上でマウスの右ボタンをクリックすると以下のメニューが表示されます。
    ・WEBページ表示
     ブラウザを起動し、指定行のWEBページを表示します。
    ・ページランク取得(Ver1.2.0.0からは無効にしました)
     指定行のページランクを取得します。

 3.2.検索順位表示(Ver1.2.0.0からは無効にしました)
 (1)検索順位取得
    「URL」、「Keyword」を入力し「検索順位取得」ボタンをクリックすると以下のメニューが
    表示されます。
    ・検索順位取得 Google
     (説明)指定したキーワードの検索結果を取得し、指定したURLをハイライト表示します。
    ・検索順位取得 Yahoo
     (説明)指定したキーワードの検索結果を取得し、指定したURLをハイライト表示します。
    ・検索順位取得 MSN
     (説明)指定したキーワードの検索結果を取得し、指定したURLをハイライト表示します。
 (2)中止
    検索順位取得には時間が掛かる事があります。途中で中止したい場合は「中止」ボタンをクリックしま
    す。
 (3)環境設定項目
    3.1.(5)の環境設定と同じです。
 (4)ポップアップメニュー
    URL一覧表示上でマウスの右ボタンをクリックすると以下のメニューが表示されます。
    ・WEBページ表示
     ブラウザを起動し、指定行のWEBページを表示します。

4.注意事項
  インターネットの状況や検索エンジンの状況(仕様変更含む)により期待した結果が得られない可能性があり
  ます。高速に連続して検索エンジン情報取得(SEOツール) を行ないますと検索エンジンからエラーが返され
  情報が取得出来なくなる可能性があります。

5.著作権・ライセンス
  本プログラムの全ての著作権は「のん」が所有しています。本プログラム一式を転載する場合は著作権所有
  者の許可が必要となります。また、著作権所有者が許可したサイトでのみダウンロードが可能となります。
  商用利用についての制限はありませんがライセンス事項に従って頂く必要があります。

  シェアウェアライセンスについて
  本プログラムの評価期間は10日間です。機能制限無しでお試し頂けます。
  評価期間を過ぎますと、本プログラムを起動するパソコン一台につき1ライセンスが必要になります。
  (注意)評価期間に十分な評価をされた方のみシェアライセンスのお手続が出来ます。

  <シェアライセンスの取得方法>
  Vector(http://www.vector.co.jp/)様でのシェアレジ(シェアレジ作品番号:SR179841) の手続が必要になり
  ます。(URL:http://shop.vector.co.jp/service/servlet/NCart.Add?ITEM_NO=SR179841)ライセンスキーを
  取得されましたら、本プログラムの「環境設定」ツールバーの「▼」マークをマウスクリックし「ライセン
  ス設定」メニューを選択する事により「ライセンス設定」画面が表示されます。「ライセンス設定」画面の
  テキストボックスにライセンスキーを入力し「設定」ボタンをクリックしてください。

6.免責事項
  本プログラムが原因による損害・問題に対し一切の責任を負いません。
  ご利用者の責任の範囲内でお使いください。

7.作者への問合せについて
  作者への問合せはメールのみとさせて頂きます。問合せ内容によっては回答出来ない場合もございますので
  予めご了承願います。また、作者不在時または問い合わせ数が多い場合など、回答に日数がかかる場合がご
  ざいますので予めご了承願います。

<画面イメージ>
サイト内URLチェック(画面イメージ)

検索順位表示(画面イメージ)

<変更履歴> 2009/08/04 Ver1.0.0.3 Yahooインデックスの仕様が変更になったためURLチェック処理を変更しました。 2009/08/05 Ver1.1.0.3 カスタマイズして欲しいと言う要望があり、CSV出力機能を追加しました。 2009/08/21 Ver1.2.0.0 ツールバーの「SEOツール」ボタンを無効にしました。 2009/09/19 Ver1.2.0.1 機能制限無しの評価期間を設けました。

<サイト内URLチェックについての補足> サイト内URLチェックは指定したURLからWEBページを取得し、そのページ内の全てのURLを チェックします。チェックするURLは[A HREF]タグだけでは無く、[FORM]や[IMG]、[BODY]タグなど 全てのURLのチェックが可能です。チェックするタグは環境設定項目で追加設定が可能です。 まず、トップページのURLをチェックし、そのページ内の全てのURLチェック(サブページのURL を再帰的に巡回)します。内部リンクだけでは無く、外部リンクもチェックします。ページ数が多くなる とチェック時間が大きくなるので、複数のURLチェックを同時並行処理するようにしています。 チェックしたURLが存在しない場合はリンク切れ(×のステータス)で表示されます。 また、内部URL、外部URL、画像URL、その他URLに分類してチェック(表示)されます。 その他のURLチェック項目として、ページランクチェック、検索順位チェック、インデックス状況 チェックがあります。ページランクチェック、検索順位チェック、インデックス状況チェックは、 検索エンジンの仕様変更で動作しなくなる事が予想されます。仕様変更を認識しだい可能な限り対応 したいと思いますが、対応スケジュール等はお約束出来ません。検索エンジンをチェックする機能が 無くても十分に有用なツールですので、是非ご試用ください。 --チェックURLチェック+サイトURLチェック-チェックURLチェック+サイトURLチェック-チェックURL--